出会い系サイトに走る人妻

他人に理解してもらえない―という状況に直面した時、あなたは何を感じますか?苛立ちですか、それとも寂しさでしょうか。人妻の場合は『肌寂しさ』という回答が大多数で、これが原因で『出会い系サイト』に走ることも多いのだそうです。
例えば、長年の友人と仲違いしたケース。人は、その人との付き合いが長ければ長いほど大きな感情を爆発させます。「今まではこんなことなかったのに・・・どうして理解してくれないの!?」と、感情的に食って掛かり、それが原因で距離が開くことも珍しくありません。
夫との仲が良好であれば、「実は・・・」と相談を持ちかけることも可能でしょう。良きアドバイスが貰えるでしょうし、何より夫婦の絆が深まります。しかし昨今は、妻の交友関係に無関心という夫が大多数。つまらない事に俺を巻き込むな、と突き放されることもあるでしょう。
そうして人妻は、出会い系サイトで相談相手を探し始めます。この時にはまだ、人妻の頭に“不倫”の二文字はありません。話を聞いてくれる人がいれば満足―と思っています。
しかし、その相談役が思いのほか優しい相手だった場合、人妻の心は一気に傾きます。自分を理解してくれる人間と、理解してくれない人間とでは、断然に前者が魅力的に映りますよね。異性の相談役は、そう時間を掛けずして“寂しさを埋めてくれる理解者”に昇格します。こうなると、もう不倫まで秒読みです。
夫は人妻の傷に塩をすり込み、かたや出会い系サイトで知り合った男性は丁寧にケアをする。不倫に進展しないほうが不思議ですよね。あなたが男性であり、妻たる女性を持つ人であればご注意を。不倫されたくなければ、心底優しく扱ってください。

Copyright(c) 2013 不倫SNSで不倫三昧 All Rights Reserved.